エクセルで指定の範囲で足し算をする方法!記号・関数を使った方法やとびとびのセルを足し合わせる方法など

  • 2022年7月30日
  • 2022年8月8日
  • Excel
エクセルで足し算の方法まとめ
定時でカエル
Excelで足し算を計算する方法を教えてください!
オフィスうさぎ
関数を使った方法から使わないシンプルな方法まで、Excelの足し算のやり方を詳しく解説していくね。

エクセルは高度な計算ができる便利なツールですが、計算の基本中と基本と言えば「足し算」でしょう。

複雑な計算をするときにも足し算を組み合わせることは多く、エクセルでも足し算は様々なシーンで頻度に使います。

そこでこの記事ではExcel(エクセル)を使った足し算の方法について、初心者にも分かりやすく詳しく解説していきたいと思います。

一言で足し算と言っても記号を使った方法や関数を使った方法など、様々なやり方や活用術があるので幅広くご紹介していきます!

関連:エクセルで引き算を計算する方法

関連記事

定時でカエルExcelで引き算をする方法を教えてください!オフィスうさぎ記号を使う方法や関数を使う方法など、Excelの引き算のやり方を詳しく解説していくね。Excel(エクセル)で引き算を計[…]

関連:エクセルで掛け算を計算する方法

関連記事

定時でカエルExcelで掛け算を行うにはどうすればいいの?オフィスうさぎ関数を使った方法から使わないシンプルな方法まで、Excelの掛け算のやり方を詳しく解説していくね。エクセルでは足し算や引[…]

エクセルで足し算のやり方

エクセルで足し算を計算するには、「計算式を入力して足し算を行う方法」「関数を使って足し算を行う方法」「オートSUMを使って足し算を行う方法」の3つがあります。

  • 記号を入力して足し算を行う方法
  • 関数を使って足し算を行う方法
  • オートSUMを使って足し算を行う方法

では、それぞれの手順について詳しく解説していきます。

エクセルで記号を入力して足し算を行う方法

まずはエクセルで記号を使って足し算を行う方法を解説します。

エクセルで足し算を計算するためには+の記号を使います。

エクセルの足し算の記号

例えば10+10の足し算を計算したいときは、エクセルでは=10+10という計算式を入力するのが正解です。

記号を使った足し算の実践練習

今回はこちらのケースを事例に、売り上げの合計値を計算してみましょう。

エクセルで記号を使った足し算の実践練習

売上の合計は商品別の売り上げを全て足し合わせることで計算することができます。

まずは売上の合計値を入力したいセルを選択し、=を入力します。

エクセルで記号を使った足し算の実践練習

続いて商品Aの売り上げが入力されているE3のセルをクリックします。すると選択したセルが自動的に計算式に入力されます。

エクセルで記号を使った足し算の実践練習

次に足し算の記号の+を入力します。

エクセルで記号を使った足し算の実践練習

続いて商品Bの売り上げが入力されたE4のセルをクリックすれば、先ほどと同様に選択したセルが計算式に入力されます。

エクセルで記号を使った足し算の実践練習

上記手順を繰り返し、他の売上も足し合わせていきます。

エクセルで記号を使った足し算の実践練習

最後にキーボードのEnterを押せば、入力した式で計算することができました。

エクセルで記号を使った足し算の実践練習

エクセルで関数を使って足し算を行う方法

続いてはエクセルで関数を使って足し算を計算する方法を解説します。

エクセルで足し算を行う関数は色々とありますが、一番の基本が「SUM」という関数です。

SUM関数の書式がこちらになります。

=SUM(数値1,数値2,…)

PRODUCT関数では指定した範囲の数値を全て掛け算することができるので、掛けたい値が複数ある場合にはかなり便利な関数です。

SUM関数を使った足し算の実践練習

先ほどと同様のケースで、SUM関数を使って売上の合計値を計算してみましょう。

エクセルでSUM関数を使ったら足し算の実践練習

まずは足し算の合計値を入力したいセルを選択し、=と入力します。

エクセルでSUM関数を使ったら足し算の実践練習

次にSUMを入力して、=SUMという状態にします。

エクセルでSUM関数を使ったら足し算の実践練習

続いて(を入力して、=SUM(という状態にします。

エクセルでSUM関数を使ったら足し算の実践練習

続いて足し合わせたいセルの範囲を一括選択し、=SUM(E3:E7という状態にします。

エクセルでSUM関数を使ったら足し算の実践練習

次に)を入力して、=SUM(E3:E7)という状態にします。

エクセルでSUM関数を使ったら足し算の実践練習

最後にキーボードのEnterをクリックすれば、売上を足し合わせた合計値を計算できました。

エクセルでSUM関数を使ったら足し算の実践練習

エクセルでオートSUMを使って足し算を行う方法

エクセルのオートSUMという機能を使えば、SUM関数をより簡単に使うことができます。

オートSUMはエクセルに入力されている数値の並びを認識し、SUM関数で足し合わせる数値を自動で選択してくれます。

オートSUMの使い方としては、数式タブにあるオートSUMから合計をクリックするだけです。

エクセルでオートSUMを使って足し算を行う方法

オートSUMを使った足し算の実線練習

下記のような表を事例に、オートSUMを使って税込価格を計算していきましょう。

エクセルでオートSUMを使った足し算の実線練習

まず最初に足し算の結果を表示するセルを選択します。

オートSUMを使った足し算の実線練習

セルを選択した状態で、数式タブにあるオートSUMから合計をクリックします。

エクセルでオートSUMを使った足し算の実線練習

すると足し合わせる数値が自動で選択され、足し算の結果を表示することができました。

エクセルでオートSUMを使った足し算の実線練習

計算式を確認してみると、正しくセルが選択されているのが確認できました。

エクセルでオートSUMを使った足し算の実線練習

エクセルで足し算の応用テクニック

ここからはエクセルで計算する足し算に関する応用テクニックをご紹介していきます。

エクセルで複数の足し算を一気に行う方法

エクセルで複数の足し算を一気に計算する方法を解説していきます。

こちらのケースのように、複数の足し算を計算しないといけないときに役立つ便利なテクニックです。

エクセルで複数の足し算を一気に行う方法

最初に商品Aの税込価格を入力するために、+またはSUM関数を使って計算してください。

エクセルで複数の足し算を一気に行う方法

続いて計算結果が表示E3のセルを選択して、セルの右下にある点を左クリックしながら下にずらしていきます。

エクセルで複数の足し算を一気に行う方法

すると「オートフィル」という機能によって、E3に入力していた数式を他のセルにコピペすることができました。

エクセルで複数の足し算を一気に行う方法

オートフィルの便利なところはE3の数式そのままではなく、数式の組み合わせはそのままで参照セルだけを自動的に変更することができます。

エクセルで複数の足し算を一気に行う方法

エクセルで足す数値を固定して足し算する

エクセルで足したい数値を固定して足し算する方法を解説していきます。

下記のように商品別に一律の値上げを足し合わせたいときなど、足し合わせる数値を固定して計算したいときに便利なテクニックです。

エクセルで足す数値を固定して足し算する

計算時に参照するセルを固定したい場合は、参照するセルに$マークをつけます。

エクセルで足す数値を固定して足し算する

関連:「エクセルで関数や計算式で参照するセルを固定する方法

関連記事

定時でカエルExcelで計算式や関数をコピペすると、参照しているセルがずれてしまいます。どうすれば参照するセルを固定することができますか?オフィスうさぎエクセル初心者にあるあるのミスだね!この記事では[…]

まずは商品Aの値上げ後価格を計算するために、=C3+F3の計算式を入力します。

エクセルで足す数値を固定して足し算する

値上げ額を固定するために、=C3+$F$3$を加えて絶対参照に変更します。

エクセルで足す数値を固定して足し算する

ちなみに絶対参照の$マークはキーボードのF4を押すことで簡単に入力できます。

エクセルで足す数値を固定して足し算する

後はD3のセルをオートフィルでコピペするだけです。

エクセルで足す数値を固定して足し算する

値上げ額が記載されたF3のセルは絶対参照で固定しているため、オートフィルでコピペしてもセルを固定して足し算することができました。

エクセルで足す数値を固定して足し算する

エクセルで縦一列と横一列の足し算を同時に行う方法

下記の表のように、エクセルで縦一列と横一列の両方の足し算を計算したいとします。

エクセルで縦一列と横一列の足し算を同時に行う方法

このようなケースではオートSUMを使うことで、縦一列と横一列の足し算を一発で計算することができます。

まずは足し算の結果を表示したいセルを選択してください。

エクセルで縦一列と横一列の足し算を同時に行う方法

キーボードのCtrlを押しながらセルを選択することで、とびとびのセルでも同時選択することができます。

エクセルで縦一列と横一列の足し算を同時に行う方法

セルを選択した状態で、数式タブにあるオートSUMから合計をクリックします。

エクセルで縦一列と横一列の足し算を同時に行う方法

すると選択した縦一列と横一列のセルに、自動的に足し算の結果を表示することができました。

エクセルで縦一列と横一列の足し算を同時に行う方法

エクセルでとびとびのセル範囲で足し算を行う方法

下記の表のように、とびとびのセルを足し合わせたいときもあるでしょう。

エクセルでとびとびのセルの足し算を行う方法

ここからは、エクセルでとびとびのセルを足し算する方法を解説していきます。

まずはSUM関数を入力して、最初の商品Aの売上を選択します。

エクセルでとびとびのセルの足し算を行う方法

続いてキーボードのCtrlを押しながら、商品Bの売上をクリックします。

エクセルでとびとびのセルの足し算を行う方法

オフィスうさぎ
Ctrlを押しながらセルを選択することで、とびとびのセルを同時に選択することができるよ!

他の商品の売上についても、同様にCtrlを押しながら選択していきます。

エクセルでとびとびのセルの足し算を行う方法

以上の手順で、とびとびのセルを足し合わせることができました。

エクセルでとびとびのセルの足し算を行う方法

より詳しい解説については、こちらの「エクセルでとびとびのセルを足し算する」を参考にしてください。

関連記事

定時でカエルExcelで離れたセルを足し算することはできますか?オフィスうさぎもちろん!この記事ではエクセルでとびとびに足し算する方法を解説するね。エクセルで売上の合計を足し合わせたいときなど[…]

エクセルでとびとびのセルを足し算する方法

エクセルで足し算ができないときの対処法

上記で解説した手順で足し算を行っても、計算結果に明らかに間違った数値が表示されたり、エラーが表示されることがあります。

ここからはエクセルで足し算ができないときの対処法を解説していきます。

エクセルで足し算の結果がエラーになるときの対処法

エクセルで足し算をしたときに、#VALUEとエラーが表示されることがあります。

エクセルで足し算の結果がエラーになるときの対処法

足し算の結果に#VALUEと表示される場合、参照しているセルに数値以外のセルが含まれていることが原因です。

例えばこちらのケースであれば、数値以外の文字が含まれてしまっています。

エクセルで足し算の結果がエラーになるときの対処法

文字列を省いてあげればエラーなく計算することができます。

エクセルで足し算の結果がエラーになるときの対処法

文字列を省くのが面倒な場合は、SUM関数を使うのも対処法の1つです。

エクセルで足し算の結果がエラーになるときの対処法

SUM関数による足し算であれば、文字列を含んでいてもエラーなく計算することができます。

エクセルで足し算の結果がエラーになるときの対処法

エクセルで足し算の結果が間違っているときの対処法

エクセルで足し算の結果が明らかに間違っている場合、足し合わせた数値に小数点以下の数値が含まれていることが原因です。

例えばこちらの5+5の足し算の結果をみると、答えは「10」が正しいはずなのに計算結果には「9.52」という細かい数値が表示されています。

エクセルで足し算の結果が間違っているときの対処法

エクセルの画面上には①も②も「5」という値が表示されていますが、実は四捨五入して表示されているだけで実際に入力されてい数値は「4.65」と「4.87」になります。

エクセルで足し算の結果が間違っているときの対処法

エクセルで足し算の結果がおかしいときは、小数点以下が隠されていないかをチェックしてみてください。