祝!サイト解説!どうぞよろしくお願いいたします。

パワーポイントでフォントを一括で変更できるって知ってた?便利なフォントの一括変更の方法を解説します

定時でカエル
PowerPointで作った資料のフォントを変更したいけど、1つ1つ変更するのが面倒すぎます。。。
オフィスうさぎ
意外に知られていないけど、パワーポイントではファイル内の全てのテキストのフォントを一括で変更することが可能だよ。

パワーポイントで苦労して作り上げたプレゼン資料を、完成後にメインのフォントを変更しなきゃいけないときってたまにあります。

例えば合作で資料を作るときなど全体のトンマナを合わせるために、ファイル内のすべてのテキストのフォントを変更しないといけなかったりです。

テキスト1つ1つのフォントを変更するとなると気が遠くなる作業ですが、パワーポイントにはファイル内のフォントを一括変更ができる機能が用意されています。

そこでこの記事ではパワーポイントのフォントを一括変更する方法について、初心者の方でも分かりやすいように画像とセットで解説していきます。

関連:パワーポイントでデフォルトのフォントを固定する方法!同じフォントに統一する便利設定を解説

関連記事

定時でカエルPowerPointのフォントを毎回変更するのが面倒です・・・。オフィスうさぎ設定でお気に入りのフォントをデフォルトに固定することができるよ!この記事ではPowerPointのフォントを固[…]

パワーポイントでフォントを固定する方法

パワーポイントでフォントを置換機能で一括変更する方法

まずはパワーポイントの置換機能を使ってフォントを一括変更する手順を解説していきます。

今回はこちらのHGS行書体のフォントを、置換機能を使ってMeiryo UIに変更していきます。

パワーポイントでフォントを置換機能で一括変更する方法

パワーポイントのホームタブ編集の項目にある、置換のメニュータブからフォントの置換をクリックします。

パワーポイントでフォントを置換機能で一括変更する方法

置換前のフォントをHGS行書体、置換後のフォントをMeiryo UIを選んだあと、最後に置換をクリックします。

パワーポイントでフォントを置換機能で一括変更する方法
以上の手順で、ファイル内のテキストを指定のフォントに一括変更することができました。

パワーポイントでフォントを置換機能で一括変更する方法

フォントが置換で一括変更できないときの対処法

上記の置換機能で一部のフォントが変更できない場合、考えられる原因としては置換前のフォントが複数あるパターンです。

スライド内に複数のフォントが混在している場合、置換前のフォントには複数のフォントが並んでいます。

フォントが置換で一括変更できないときの対処法

もし置換機能で一部のフォントが変更されない場合は、置換前のフォントが正しく設定されているかを確認してみましょう。

 

スライド単位でフォントを一括変更する方法

上記でご紹介した方法はファイル内のすべてのフォントを変更するものですが、場合によってはファイル全体ではなくスライド単位でフォントを一括変更したいこともあるでしょう。

スライド単位でフォントを一括変更するには、まずはスライド上でキーボードのCtrl+Aを押します。

スライド単位でフォントを一括変更する方法

するとファイル内のすべてのアイテムを選択した状態になります。

スライド単位でフォントを一括変更する方法

すべてのアイテムを選択した状態で、ホームタブから好きなフォントを選択すれば完了です。

スライド単位でフォントを一括変更する方法

以上の手順で、スライド内のすべてのフォントを一括で変更することができました。

スライド単位でフォントを一括変更する方法

この方法であればスライド内に複数のフォントが混在している場合でも、簡単に一括でフォントを変更することが可能です。

スライドの一部分のフォントを一括変更する方法

スライド内のすべてのフォントを変更するのではなく、スライド内の一部のフォントを一括で変更することも可能です。

キーボードのShiftを押しながらテキストを左クリックすることで、複数のテキストを同時選択することが可能です。

スライドの一部分のフォントを一括変更する方法

同様に左クリックを押しながら選択したいテキストを囲むことでも、複数のテキストを同時選択することが可能です。

スライドの一部分のフォントを一括変更する方法

アイテムを同時選択した状態で、ホームタブから好きなフォントを選択すれば完了です

スライドの一部分のフォントを一括変更する方法

以上の手順で、スライド内の一部のフォントのみを一括変更することができました。

スライドの一部分のフォントを一括変更する方法

パワーポイントでフォントをスライドマスターで一括変更する方法

パワーポイントのプレイスホルダーを使って資料を作成している場合、スライドマスターでフォントを指定すればプレイスホルダー内のフォントを一括変更することが可能です。

スライドマスターからプレイスホルダーのフォントを指定すると、新規で追加するテキストボックスのフォントも指定したフォントになります。

スライドマスターを使った方法だと、既に入力されているテキストボックスのフォントは変更されないのでご注意ください。

まずは表示タブの中にあるスライドマスターをクリックします。

パワーポイントでフォントをスライドマスターで一括変更する方法

スライドマスターのタブからフォントのタブメニューをクリックし、フォントのカスタマイズを選択します。

パワーポイントでフォントをスライドマスターで一括変更する方法

するとフォントの設定画面が表示されるので、英語と日本語のフォントを指定して保存をクリックします。

パワーポイントでフォントをスライドマスターで一括変更する方法

最後にスライドマスタータブにある、マスター表示を閉じるをクリックすれば完了です。

パワーポイントでフォントをスライドマスターで一括変更する方法

以上の手順で、プレイスホルダーのフォントを一括で変更することができました。

パワーポイントでフォントをスライドマスターで一括変更する方法

フォントがスライドマスターで一括変更できないときの対処法

上記でご紹介したスライドマスターからフォントを一括変更できない場合、プレイスホルダーではなくテキストボックスを使っていることが原因として考えられます。

スライドマスターを使ってフォントを一括変更する方法は、テキストボックスのフォントには未対応で一括変更することはできません。

テキストボックスのフォントを一括変更したい場合は、スライドマスターではなく置換機能を使って変更するようにしましょう。

パワーポイントでフォントを一括変更するときの注意事項

パワーポイントでファイル内のテキストのフォントを一括変更する場合、フォントの違いによるレイアウト崩れには注意が必要です。

パワーポイントでフォントを一括変更するときの注意事項

同じ文字サイズであっても、フォントによって文字の横幅は異なるものです。。

例えばこちらの2つのテキストはフォントサイズは同じですが、フォントが違うため横幅が全く異なっています。

パワーポイントでフォントを一括変更するときの注意事項

このようにフォントによっては文字サイズがかなり変わることがあるので、フォントを変更した際はレイアウトが崩れていないかを必ず確認しておくようにしましょう。

10時間の動画で学べるコスパ最強のPowerPoint講座
4.9

Udemyでベストセラーとなっている、大人気のパワーポイント講座です。
ビジネスパーソンとして最低限マスターしておきたい PowerPoint スキルを、効率的に学ぶことができます!
初心者、新卒社会人はもちろん、ショートカットやスライドマスターといった応用テクニックも学びたい上級者にもオススメです。