祝!サイト解説!どうぞよろしくお願いいたします。

パワーポイントで文字を入力する全方法を徹底解説!文字が入力できない原因と対処法もご紹介します

定時でカエル
PowerPointでスライドに文字を入力する方法を教えてください!
オフィスうさぎ
PowerPointでは様々な方法で文字を入力することができるよ。この記事ではPowerPointの文字入力の方法について詳しく解説していくね。

パワーポイントではWordやExcelなどのオフィスソフトと違って、スライドにカーソルを合わせるだけでは自由に文字を入力することができません。

パワーポイントで文字を入力するにはテキストボックスを使うのが一般的ですが、テキストボックス以外にも様々な方法で文字入力を行うことが可能です。

そこでこの記事ではPowerPoint(パワーポイント)の文字入力の方法ついて、初心者の方でも分かりやすいように画像とセットで解説しています。

パワーポイントで文字入力する方法

パワーポイントでスライド上に文字を入力したい場合、下記の5つの方法が一般的な文字入力の方法になります。

  1. プレースホルダーに文字入力する
  2. テキストボックスに文字入力する
  3. 図形に文字入力する
  4. 表に文字入力する
  5. ワードアートで文字入力する

それぞれの方法で手順が異なりますので、5つの方法それぞれの具体的手順を解説していきましょう。

パワーポイントでプレースホルダーに文字入力する

スライドにはデフォルトでプレースホルダーという枠が用意されていて、プレースホルダに自由に文字を入力することができます。

パワーポイントでプレースホルダーに文字入力する

プレースホルダーはスライドのレイアウトによって様々なタイプがありますが、プレースホルダーの配置や形はあらかじめ枠として固定されています。

パワーポイントでプレースホルダーに文字入力する

プレースホルダーに文字を入力するには、プレースホルダー内をクリックした後に普通に文字を入力するだけです。

パワーポイントでプレースホルダーに文字入力する

プレースホルダーに入力した文字の書式を変更する

プレースホルダーに入力した文字は、フォントやフォントサイズ・カラーを自由に変更することも可能です。

各スライドの画面から個別に編集することもできますが、「スライドマスター」を使えばすべてのプレースホルダーを一括で変更できるためおすすめです。

まずは表示タブからスライドマスターをクリックしてください。

プレースホルダーに入力した文字の書式を変更する

書式を変更したいプレースホルダーがあるレイアウトを選択した状態で、通常のスライドと同じようにホームタブフォント段落の項目にある設定を変更するだけです。

プレースホルダーに入力した文字の書式を変更する

最後にマスターを閉じるをクリックすれば完了です。

プレースホルダーに入力した文字の書式を変更する

以上の手順で、プレースホルダーの文字書式を一括で変更することができました。

プレースホルダーに入力した文字の書式を変更する

パワーポイントでテキストボックスに文字入力する

テキストボックス」はパワーポイントで文字を入力する最も一般的な方法です。

プレースホルダーのようにあからじめ決められた枠ではなく、スライド上のどこにでも自由に文字を入力することが可能です。

 

テキストボックスに文字を入力するには、まずは挿入タブにあるテキストボックスから横書きテキストボックスの描画を選択します。

パワーポイントでテキストボックスに文字入力する

続いて、スライド上の文字を入力したい場所を左クリックすると、そこにテキストボックスを追加することができます。(分かりやすくするためにここではサイズを変更しています)

パワーポイントでテキストボックスに文字入力する

最後に入力したい文字を打ち込めば完了です。

パワーポイントでテキストボックスに文字入力する

ちなみにテキストボックスから縦書きテキストボックスを選択すると、上から下に流れる縦書きのテキストを追加することも可能です。

パワーポイントでテキストボックスに文字入力する

関連:パワーポイントで縦書きのテキストを作成する方法を詳しく解説

関連記事

定時でカエルPowerPointで縦書きで文章を書くにはどうしたらいいのかなぁ?オフィスうさぎパワーポイントには横書きと縦書きのテキストボックスがあるよ。ここでは縦書きのテキストボックスを使って、縦方[…]

パワーポイントで縦書きのテキストを作成する方法!横書きの文字を途中で縦書きに変更する方法

テキストボックスに入力した文字書式を変更する

テキストボックスに入力した文字は、フォントサイズや文字色などを自由に変更することも可能です。

変更したい文字が入力されているテキストボックスを選択した状態で、ホームタブフォント段落の項目にある設定を変更するだけです。

テキストボックスに入力した文字書式を変更する

以上の手順で、テキストボックスに入力した文字の書式を変更することができました。

テキストボックスに入力した文字書式を変更する

パワーポイントで図形に文字入力する

パワーポイントではスライド上に追加した図形に直接文字を入力することができます。

まずは挿入タブから図形のボタンをクリックして、追加したい図形を選択してください。

パワーポイントで図形に文字入力する

続いて、左クリックを押しながらスライド上でカーソルを動かせば、好きなサイズで図形を挿入することができました。

パワーポイントで図形に文字入力する

図形に文字を入力するには、図形をクリックしてカーソルを合わた後に普通に文字を入力するだけです。

パワーポイントで図形に文字入力する

以上の手順で、図形内に直接文字を入力することができました。

パワーポイントで図形に文字入力する

関連:パワーポイントで多用する吹き出しのテクニック集まとめ

関連記事

定時でカエルパワーポイントの吹き出しってなんかダサいんだよね・・・。オフィスうさぎ確かにパワーポイントの吹き出しはちょっとダサいよね。でもちょっとした方法でオシャレな吹き出しに変えることができるよ。[…]

パワーポイントの吹き出しテクニック

図形に入力した文字書式を変更する

図形に入力した文字は設定でフォントサイズやフォントカラーを変更することも可能です。

変更したい文字が入力されている図形をクリックして選択した状態で、ホームタブフォント段落の項目にある設定を変更するだけです。

図形に入力した文字書式を変更する

以上の手順で、図形に入力した文字の書式を変更することができました。

図形に入力した文字書式を変更する

パワーポイントで表に文字入力する

パワーポイントではスライド上に追加した表に直接文字を入力することができます。

表を作る手順としては、まず挿入タブからのボタンをクリックします。

パワーポイントで表に文字入力する

続いて追加したいの数を選びます。

パワーポイントで表に文字入力する

するとスライド上に指定の行・列数の表を挿入することができました。

パワーポイントで表に文字入力する

表に文字を入力するには、入力したいセルをクリックして普通に文字を入力するだけです。

パワーポイントで表に文字入力する

以上の手順で、表に文字を入力することができました。

パワーポイントで表に文字入力する

関連:パワーポイントの表を全て解説!作り方から詳細設定まで徹底解説します

関連記事

定時でカエルPowerPointの表って使いずらいし、操作方法も分かりづらくて正直苦手です。オフィスうさぎ慣れるとパワーポイントでも簡単に表を作ることができるよ!この記事ではパワーポイントの表について[…]

PowerPointの表の作り方・使い方

表に入力した文字書式を変更する

表に入力した文字は設定でフォントサイズやフォントカラーを変更することも可能です。

変更したい文字が入力されている表のセルをクリックして選択した状態で、ホームタブフォント段落の項目にある設定を変更するだけです。

パワーポイントで表の文字書式を変更する

以上の手順で、図形に入力した文字の書式を変更することができました。

パワーポイントで表の文字書式を変更する

パワーポイントでワードアートで文字入力する

パワーポイントには特殊な文字書式が入力できるワードアートという機能があります。

ワードアートでは縁取り文字やカーブした文字など、通常のテキストボックスでは設定できない特殊な装飾文字を入力することが可能です。

パワーポイントでワードアートで文字入力する

ワードアートで文字を入力するには、挿入タブにあるワードアートをクリックして、挿入したい好きなパターンを選択します。

パワーポイントでワードアートで文字入力する

するとスライド上にワードアートのボックスが追加されるので、ワードアートにカーソルを合わせて好きな文字を入力すれば完了です。

パワーポイントでワードアートで文字入力する

ちなみに図形やプレイスホルダーに入力した文字でも、後からワードアートに変更することが可能です。

図形の文字をワードアートに変更する

図形やプレイスホルダーを選択した状態で、図形の書式からワードアートのスタイルの項目にある下矢印をクリックします。

図形の文字をワードアートに変更する

するとワードアート一覧が表示されるので、お好みのワードアートをクリックすれば設定完了です。

図形の文字をワードアートに変更する

ワードアートの文字書式を変更する

ワードアートで入力した文字も通常の文字と同じように、フォントサイズやフォントカラーを変更することができます。

ワードアートのボックスを選択した状態で、ホームタブフォント段落の項目にある設定を変更するだけです。

ワードアートの文字書式を変更する

文字の縁部分の色や太さを変更したい場合は、図形の書式タブにある文字の輪郭から好きなカラーや線の太さを変更することができます。

ワードアートの文字書式を変更する

ワードアートの詳しい使い方については、こちらの「パワーポイントで縁取り文字を入力する方法」で解説しているので参考にしてください。

関連記事

定時でカエルPowerPointで入力した文字を縁取りする方法を知りたいです!オフィスうさぎPowerPointで縁取り文字を使うには「ワードアート」という機能を使うよ。この記事ではワードアートを使っ[…]

パワーポイントで縁取り文字を入力する方法

パワーポイントで文字入力できない原因と対処法

パワーポイントで文字を入力する方法はご紹介した通りですが、上記の手順通り行っても文字が入力できないことが稀にあります。

そこでここでは、パワーポイントで文字入力できない原因と対処法について解説していきたいと思います。(パワーポイントの画面でのみ文字入力ができないケースを想定しています)

背景色と文字色が同じ色になっている

パワーポイントで文字を打ち込んでも入力されない場合、背景色と文字色が同化してしまっている可能性があります。

例えばこちらの画像のケースであれば、黒色の図形に黒色の文字で書いてあるため背景と同化して文字が見えません。

背景色と文字色が同じ色になっている

試しに文字の色を白色に変更してみると、正しく文字が入力されていることがわかるはずです。

背景色と文字色が同じ色になっている

OfficeやWindowsの不具合が発生している

パワーポイントで文字が入力できない場合、考えられる原因としてOfficeやWindowsに何かしら問題が発生している可能性があります。

OfficeやWindowsに何かしらの不具合が発生している場合、パワーポイントやパソコンを再起動することで改善されることがあります。

再起動

再起動で大抵の問題は解決することができるので、文字入力ができずにお困りの方はまずは再起動を試してみましょう。

10時間の動画で学べるコスパ最強のPowerPoint講座
4.9

Udemyでベストセラーとなっている、大人気のパワーポイント講座です。
ビジネスパーソンとして最低限マスターしておきたい PowerPoint スキルを、効率的に学ぶことができます!
初心者、新卒社会人はもちろん、ショートカットやスライドマスターといった応用テクニックも学びたい上級者にもオススメです。