祝!サイト解説!どうぞよろしくお願いいたします。

パワーポイントで新しいオリジナルのタブを作成する方法!よく使う機能を集めた自分だけのタブが超便利

定時でカエル
うさぎさんのPowerPointのタブ、僕のと微妙に違う!「よく使う機能」って何ですか?こんなタブは僕のPowerPointにはない・・・!!
オフィスうさぎ
タブは設定でカスタマイズすることができるんだ。自分だけのオリジナルタブも作成できるので、よく使う機能だけを集めた専用のタブを作成しているんだよ。

パワーポイントの画面上部にはタブと呼ばれる各機能のカテゴリが用意されています。

デフォルトでは「ファイル」「ホーム」「挿入」「表示」など複数のタブが用意されていますが、ここにオリジナルの新しいタブを作成することが可能です。

オリジナルのタブにはあなたがよく使う機能だけをまとめることができるので、大半の作業を1つのタブで完結できるようになるのでおすすめです。

そこでこの記事ではPowerPointで新しくオリジナルのタブを作成する方法について、初心者の方でも分かりやすいように画像とセットで解説したいと思います。

この記事の概要

  • パワーポイントでオリジナルのタブを作成する方法を解説

この記事をおすすめしたい人

  • よく使う機能を1つのタブにまとめて作業効率を上げたい人

では、詳しく解説していきます。

パワーポイントでオリジナルのタブを作成する手順

パワーポイントでオリジナルのタブを作成する手順を解説していきます。

オリジナルのタブを作成する設定画面を開くには、リボンにカーソルを置いた状態で右クリックリボンの設定をクリックします。

するとリボンの設定画面を表示することができます。

他の手順としては、ファイルタブからオプションをクリックします。

続いてリボンのユーザー設定をクリックすれば表示可能です。

新しいタブを作成する方法

新しいタブを作成するには、右側のボックスにある新しいタブというボタンをクリックします。

すると「新しいタブ」という名前のタブが作成されます。

パワーポイントの画面に戻ると、先ほど作成した「新しいタブ」が追加されています。

新しいタブの名前を変更する方法

先ほど作成した新しいタブの名前を変更する方法を解説します。

名前を変更したいタブを選択した状態で、名前の変更のボタンをクリックします。

名前変更のポップアップが表示されるので、変更したい名前を入力してOKをクリックします。

以上の手順でタブの名前を変更することができました。

パワーポイントの画面でも変更した名前に変わっています。

新しいグループを作成する方法

タブの中には「グループ」と呼ばれる小カテゴリがあります。
ホームタブであれば”クリックボード“や”スライド“や”フォント“にあたります。

このグループを新しく作成するには、追加したいタブを選択している状態で新しいグループのボタンをタップします。

以上の設定で新しいグループを作成することができました。

新しいグループの名前を変更する方法

作成したグループの名前を変更する方法を解説します。

名前を変更したいグループをを選択した状態で、名前の変更のボタンをクリックします。

名前変更のポップアップが表示されるので、変更したい名前を入力してOKをクリックします。
お好みのアイコンを選ぶことも可能です。

以上の手順でグループの名前を変更することができました。

新しいタブによく使う機能を追加する方法

新しく作成したタブ・グループに機能を追加する方法を解説します。

左側のボックスには追加できる機能一覧が表示されるので、追加したい機能を選択します。
右側のボックスから追加したい場所を選択し、追加マークをクリックします。

以上の手順で指定したタブに新しく機能を追加することができました。

パワーポイントの画面を確認してみると、先ほど追加した機能がしっかりと表示されています。

上記で解説した手順を繰り返し、よく使う機能をオリジナルのタブに追加していきます。

以上でよく使う機能だけを集めたオリジナルのタブを作成することができました。

関連:パワーポイントの作業効率を爆上げする”クイックアクセスツールバー”の使い方とおすすめ機能

関連記事

定時でカエル友達にクイックアクセスツールバー使ってないの??ってバカにされた・・・。クイック?アクセス?ツールバー?オフィスうさぎクイックアクセスツールバーとは、パワポの画面上部にあるツールバーのこと[…]

10時間の動画で学べるコスパ最強のPowerPoint講座
4.9

Udemyでベストセラーとなっている、大人気のパワーポイント講座です。
ビジネスパーソンとして最低限マスターしておきたい PowerPoint スキルを、効率的に学ぶことができます!
初心者、新卒社会人はもちろん、ショートカットやスライドマスターといった応用テクニックも学びたい上級者にもオススメです。

モバイルバージョンを終了