祝!サイト解説!どうぞよろしくお願いいたします。

パワーポイントにPDFを貼り付ける方法!スクショやオブジェクト機能を活用した手順を解説

定時でカエル
PowerPointにPDFの資料を貼り付ける方法を教えて欲しいです。
オフィスうさ
了解!1つの方法ではなく色んなやり方があるので、この記事でパワーポイントにPDFを貼り付ける方法を幅広く解説していくね。

パワーポイントで資料を作っているときに、パワーポイントにPDF化された資料を貼り付けたいことってあると思います。

ただPDFのファイル形式が少し特殊ということもあって、単純にコピペすればいいという訳でもありません。

そこでこの記事では、PowerPoint(パワーポイント)のスライド内にPDFを貼り付ける方法ついて、初心者の方でも分かりやすいように画像とセットで解説していきたいと思います。

関連:パワーポイントでファイルをPDFに変換して保存する方法

関連記事

定時でカエルPowerPointで作った資料をPDFに変換する方法を教えてくださいオフィスうさPowerPointのファイルをPDFに変換するにはいくつかの方法があるよ。PDFに変換する方法や細かいカ[…]

パワーポイントにPDFを貼り付ける2つの目的

パワーポイントにPDFを貼り付けたい場合、大きくは以下の2つのケースがあると思います。

  1. PDFの中身をパワーポイントに貼り付ける
  2. PDFファイル全体をパワーポイントに貼り付ける

PDFの中身をパワーポイントに貼り付ける

こちらはパワーポイントにコンテンツとして活用するために、PDFの中身をスライド上に貼り付けたいケースです。

貼り付けたい資料がPDF化されファイルしか手元にないため、パワーポイントにコピペができないときによく起こるケースとなります。

PDFファイル全体をパワーポイントに貼り付ける

こちらはパワーポイントに補足資料や参考資料を紹介したいときなど、PDFファイル全体をスライドに貼り付けたいケースです。

下記でご紹介している方法を使えば、下記の画像のようにクリックすることでPDFファイルが開くアイコンボタンを設置することが可能です。

 

PDFの中身をパワーポイントに貼り付ける方法

PDFファイルの中身をパワーポイントに貼り付ける方法を解説していきます。

同じパワーポイントであればスライドをコピペするだけですが、PDFの中身をパワーポイントにコピペすることはできません。

そのためPDFの中身をスライドに貼り付けたい場合は、スクリーンショットでPDFを画像化したものをスライドに貼り付ける方法が一般的です。

パワーポイントのスクショ機能を使う

パワーポイントには開いているウィンドウを画像としてスライドに貼り付けることができる、「スクリーンショット」という機能が用意されています。

貼り付けたいPDFを開いている状態で、挿入タブにあるスクリーンショットのボタンをクリックしてください。

すると開いているウィンドウの一覧が表示されるので、スライドに貼り付けたいPDFをクリックして選択します。

すると選択したウィンドウをスクショした画像ファイルが、スライド上に自動的に貼り付けられます。

ただこのままだと余分な箇所も表示されているので、「トリミング」という機能を使って画像の不要な部分を非表示にしていきます。

画像を選択している状態で、図の形式タブからトリミングをクリックします。

すると画像がトリミングモードになるので、側面にある黒色のマークを動しながら画像の必要な箇所のみを残します。

最後に画像のサイズをスライドに合うように調整すれば、スクショしたPDFの中身をパワーポイントに貼り付けることができました。

トリミングについてのより詳しい解説は、こちらの「パワーポイントで写真・画像・図形をトリミングする方法」を参考にしてください。

関連記事

定時でカエルパワーポイントで写真をトリミングする方法を教えてください!オフィスうさぎこの記事ではパワーポイントのトリミング機能について、使い方や注意点など幅広く解説していくねパワーポイントに挿[…]

Windowsのスクショ機能を使う

パワーポイントのスクショ機能を使う以外にも、Windowsに搭載されているスクショ機能を使うことも可能です。

個人的にはパワポのスクショ機能よりも手っ取り早くできておすすめの方法です。

Windowsのスクショ機能を使うには、キーボードのShift + Windowsマーク + Sを同時押しするだけです。

スクショした画像は自動的にクリップボードにコピーされるので、後はパワーポイントの貼り付けたい箇所でペーストするだけです。

PDFファイル全体をパワーポイントに貼り付ける方法

続いて、PDFファイル全体を参考資料や補足資料としてパワーポイントに貼り付ける方法を解説します。

パワーポイントのオブジェクト機能でPDFを貼り付ける

PDFファイルを参考資料・補足資料としてパワーポイントに貼り付けたい場合、パワーポイントの「オブジェクト」という機能を使うのがおすすめです。

挿入タブテキストのカテゴリにあるオブジェクトのマークをクリックします。

すると設定画面が開かれるので、ファイルからにチェックをいれて参照をクリックします。

ファイルの選択画面が表示されるので、貼り付けたいPDFを選択してOKをクリックします。

先ほどの設定画面に戻るので、OKをクリックします。

するとスライド上にPDFファイルのサムネイルが表示されます。

表示されたサムネイルをダブルクリックすることで、PDFファイルを開くことができます。

また、設定でアイコンで表示にチェックをいれると、サムネイルではなくPDFのアイコンで表示することも可能です。

アイコンで表示するとこんな感じです。

ちなみに上記の方法だとパワーポイントのファイル内にPDFを埋め込んでいるので、PDFファイルのサイズによってはパワポの容量がかなり大きくなってしまいます。

設定画面のリンクからにチェックをいれることで、PDFをリンク形式で貼り付けることが可能です。

パワーポイントのファイルサイズを増やしたくない場合は、リンク形式で貼り付けるのがおすすめです。

リンク形式で貼り付ける場合は共有のクラウドなどに保存しておきましょう。
自分のパソコン内に保存している場合は、自分以外の人がファイルを開けないのでご注意ください。

パワーポイントのハイパーリンクでPDFを貼り付ける

PDFファイルを参考資料・補足資料としてパワーポイントに貼り付けたい場合、「ハイパーリンク」という機能を使って貼り付けることも可能です。

ハイパーリンクとはテキストや図形・画像にリンクを設定できる機能で、テキストなどにリンク形式でPDFファイルを貼り付けることができます。

ハイパーリンクを設定したいテキストや画像・図形を選択した状態で、右クリックで表示されるメニューからリンクをクリックします。

するとハイパーリンクの設定画面が表示されるので、貼り付けたいPDFファイルを選択して、OKをクリックします。

以上の手順で、ハイパーリンクを設定することができました。

テキストにハイパーリンクを設定した場合は、テキストが青色に自動的に変更されます

ハイパーリンクについて詳しく知りたい方は、こちらの「パワーポイントのハイパーリンクの使い方・設定方法」も合わせて参考にしてみてください。

関連記事

定時でカエルパワーポイントにはハイパーリンクというカッコイイ名前の機能があるらしい。名前は凄そうだけど、どんなことができるのかなぁ。オフィスうさぎPowerPointのハイパーリンクについて、使い方・[…]

10時間の動画で学べるコスパ最強のPowerPoint講座
4.9

Udemyでベストセラーとなっている、大人気のパワーポイント講座です。
ビジネスパーソンとして最低限マスターしておきたい PowerPoint スキルを、効率的に学ぶことができます!
初心者、新卒社会人はもちろん、ショートカットやスライドマスターといった応用テクニックも学びたい上級者にもオススメです。

モバイルバージョンを終了