祝!サイト解説!どうぞよろしくお願いいたします。

パワーポイント内でネット検索ができる「スマート検索」の使い方!知らない単語を調べたりネット画像を引用できるぞ

PowerPointのスマート検索
定時でカエル
先輩が作ってくれた資料に、僕の知らない難しい単語があるな。ネットで調べてみるか・・・
オフィスうさぎ
カエルくん!もしかして「スマート検索」を知らないね?スマート検索という機能を使えば、PowerPoint内で簡単にネット検索ができるんだよ。

あなたはパワポのスライド内に知らない単語があった場合、わざわざブラウザを開いて調べ事をしていませんか?

実はパワーポイントには「スマート検索」という機能があって、ブラウザを使わなくてもパワーポイント内でネット検索ができるのです。

スライド内の知らない単語を調べたり、スライドで使いたい画像をネットから拾ってきたりと、スマート検索は覚えておいて損はない便利機能です。

そこでこの記事ではPowerPointのスマート検索の使い方について、初心者の方でも分かりやすいように画像とセットで解説したいと思います。

この記事の概要

  • スマート検索の使い方を解説
  • スマート検索の便利な活用法を解説

この記事をおすすめしたい人

  • パワーポイントで知らない単語を簡単に調べたい人
  • パワーポイントでネットから簡単に画像を拾ってきたい人

では、詳しく解説していきます。

パワーポイントのスマート検索とは

パワーポイントにはスライド検索という便利な機能があります。
PowerPoint2016で追加された機能ですが、あまり知られていないためご存知ない方も多いのではないでしょうか?

スマート検索で出来ることは大きく以下の2つです。

  1. スライド内の知らない単語をパワポ内で調べられる
  2. ネットの画像をパワポ内で調べてコピペできる

スライド内の知らない単語をパワポ内で調べられる

他の人が作ったパワポ資料の中には知らない単語もあると思いますが、スマート検索を使えばパワーポイント内でそのままWEB検索ができます。

スマート検索を使うとスライド右側にウィンドウが表示され、キーワードをネット検索したときの結果が表示されます。

PowerPointのスマート検索とは

ウィンドウ内にはURL先の本文の一部が表示されるので、わざわざブラウザを立ち上げて検索しなくてもパワポだけで完結することが可能です。

PowerPointのスマート検索とは

記事について詳細を知りたい場合はURLをクリックすると、ブラウザを自動で立ち上げURL先に跳ぶこともできます。

PowerPointのスマート検索とは

ちなみにパワーポイントはMicrosoftが提供するソフトなので、スマート検索で使えるのはbingのみでGoogleに変更することはできません。

PowerPointのスマート検索はbing

ネットの画像をパワポ内で調べてコピペできる

スマート検索ではWEBサイトだけではなく、調べたキーワードに該当するネット上の画像を表示することも可能です。

PowerPointのスマート検索で画像を調べる

スマート検索に表示されている画像をクリックすると、クリックした画像を自動的にコピーすることができます。

PowerPointのスマート検索で画像を調べる

その後にスライド内でペーストをすれば、ネットの画像を簡単にスライド内に張り付けることができます。

PowerPointのスマート検索で画像を調べる

ちなみにCreative Commonsのみにチェックを入れると、画像の著作権者が利用を許可する画像のみ表示することができます。
(※Creative Commonsの画像も使用にはルールがあるのでご注意ください)

PowerPointのスマート検索で画像を調べる

スマート検索の使い方

ここからはパワーポイントでスマート検索を使う方法をご紹介します。
スマート検索はいくつかのやり方があるので、それぞれの手順を詳しく解説したいと思います。

スライド内のキーワードをスマート検索する方法

スライド内に記載されているワードをスマート検索する方法を解説します。
スライド内にある知らない単語を調べたいとき等に役立つ方法です。

右クリックメニューからスマート検索を使う方法

スライド内にある調べたいワードを選択した状態で、右クリック検索「○○○」 をクリックします。

パワーポイントでスマート検索を使う方法

するとスライド右側に表示されるスマート検索のウィンドウ内に、検索したワードに関連するWEBサイトや画像を表示することができます。

パワーポイントでスマート検索を使う方法

自由なキーワードでスマート検索を行う方法

スライド内に記載されているワードではなく、自由なキーワードでスマート検索を行う方法を解説します。
ネットの画像をスライド内で利用したいときや、スライド作成時に気になったことを調べるときに便利な方法です。

リボンからスマート検索を使う方法

校閲タブから検索をクリックするとスマート検索のウィンドウが表示されるので、検索ボックスに調べたいキーワードを入力します。

パワーポイントでスマート検索を使う方法

するとスマート検索のウィンドウ内に、入力したキーワードに関連するWEBサイトや画像が表示されます。

パワーポイントでスマート検索を使う方法

操作アシストからスマート検索を使う方法

クイックアクセスツールバーなどがあるパワポの画面上部には、「操作アシスト」と呼ばれる検索ボックスがあります。
この操作アシストからでもスマート検索を使うことができます。

パワーポイントでスマート検索を使う方法

関連:パワーポイントの「操作アシスト」の使い方

関連記事

定時でカエルあれ?この前うさぎさんに教えてもらった機能、どこから操作するんだっけかな。。。オフィスうさぎPowerPointで使いたい機能や操作方法が分からないときは、「操作アシスト」という機能が便利[…]

PowerPointの操作アシストの使い方

操作アシストの検索ボックスに調べたいキーワードを入力し、“○○○”に関するその他の検索結果をクリックします。

パワーポイントでスマート検索を使う方法

するとスマート検索のウィンドウ内が表示され、入力したキーワードに関連するWEBサイトや画像が表示されます。

パワーポイントでスマート検索を使う方法