祝!サイト解説!どうぞよろしくお願いいたします。

パワーポイントで印刷時の余白をなくす方法。A4/A3などサイズ別に余白なしで印刷する設定を解説

パワーポイントで作った資料を余白なしで印刷する方法
定時でカエル
PowerPointで作った資料を印刷したら、外枠みたいに余白ができてしまいます。余白をなくして印刷する方法を教えてください。
オフィスうさぎ
背景が白じゃないスライドだと印刷時の余白が目立っちゃうよね。この記事ではPowerPointの余白をけして印刷する方法を解説していくね。

PowerPointで作った資料を紙に印刷すると、スライドの外側に余白が表示されてしまいます。

パワーポイントではスライドのサイズをA4やA3に設定することができますが、設定したサイズの用紙で印刷した場合でも余白ができてしまうのです。

パワーポイントで印刷時の余白をなくす方法

背景が白色のスライドであれば余白があってもまだ違和感はないですが、色付きの背景であれば白い縁のようになって目立ってしまいますよね。

パワーポイントで印刷時の余白をなくす方法

そこでこの記事ではパワーポイントを余白なしで印刷する方法について、初心者にも分かりやすいように画像付きで解説していきます。

この記事の概要

  • PowerPointの印刷時に余白をなくす方法を解説

では、詳しく解説していきすね!

パワーポイントで作った資料を余白なしで印刷する方法

パワーポイントで作った資料を余白をなくして印刷する手順としては、以下の2つのステップで設定を変更するだけです。

  1. パワーポイントのスライドサイズを印刷用紙の実寸サイズに変更する
  2. プリンターの印刷設定でフチなし/全面印刷を選ぶ

では、それぞれのステップについて詳しく解説します。

スライドサイズを印刷用紙の実寸サイズに変更する

まずはパワーポイントのスライドサイズを、印刷する用紙と同じサイズに変更していきます。

スライドサイズを変更するには、デザインタブからスライドサイズユーザー設定のスライドサイズをクリックします。

パワーポイントで作った資料を余白なしで印刷する方法

するとスライドサイズの設定画面が表示されるので、スライドのサイズ指定からユーザー設定を選びます。

パワーポイントで作った資料を余白なしで印刷する方法

ユーザー設定ではスライドの幅と高さを自由に設定できるので、A4やA3など印刷したい用紙の実寸サイズを入力します。

印刷用紙の実寸サイズの一覧はこちらです。

高さ
A429.7cm21.0cm
A342.0cm29.7cm
B4(ISO)35.3cm25.0cm
B4(JIS)36.4cm25.7cm
B5(ISO)25.0cm17.6cm
B5(JIS)25.7cm18.2cm

例えばA4用紙で横向きに印刷したい場合は、幅を「29.7cm」/横を「21cm」に変更してOKをクリックします。

パワーポイントで作った資料を余白なしで印刷する方法

スライドサイズに合わせてコンテンツの大きさを自動調整できるので、最大化またはスライドに合わせて調整をクリックします。

パワーポイントで作った資料を余白なしで印刷する方法

以上の手順でスライドサイズの設定は完了です。

ちなみにスライドのサイズ設定には、デフォルトでA4やA3などの項目が用意されています。

パワーポイントで作った資料を余白なしで印刷する方法

ただしこのデフォルトで用意されている項目だと余白が生まれるので、必ずユーザー設定から用紙の実寸サイズを設定するようにしてください。

関連:パワーポイントでスライドのサイズを変更する方法とおすすめのスライドサイズ

関連記事

定時でカエルパワーポイントでスライドのサイズを変える方法が分からない・・・。オフィスうさぎこの記事ではパワーポイントでスライドのサイズを変更する方法を解説していくね。パワーポイントのスライドサ[…]

パワーポイントでスライドサイズを変更する方法を解説

プリンターの印刷設定でフチなし/全面印刷を選ぶ

スライドサイズを印刷用紙の実寸サイズに変更するだけでは、印刷したときにまだ微妙に余白ができてしまいます。

パワーポイントで印刷時の余白をなくす方法

そこで次のステップでは印刷時のプリンターの設定を余白なしに変更していきます。

印刷の設定画面でプリンターのプロパティをクリックします。

プリンターの印刷設定でフチなし/全面印刷を選ぶ

すると接続しているプリンターの設定画面が開きます。

プリンターのメーカーによって名称が異なりますが、「フチなし」「ふちなし全面」「フチなし全面印刷」「全面印刷」などのオプションがあるのでチェックを付けます。

例えばキャノンのプリンターであれば、クイック設定タブにあるフチなし全面印刷にチェックをつけるだけです。

プリンターの印刷設定でフチなし/全面印刷を選ぶ

ちなみにプリンターによってはフチなし印刷に対応していないものもありますが、ある程度新しいプリンターであれば対応しているはずです。

以上の手順で2つの設定を変更することで、PowerPointのファイルを余白なしで印刷することが可能になりました。

パワーポイントで印刷時の余白をなくす方法

1枚に複数スライドを印刷するときの余白をなくす方法

プレゼンテーション時に投影するスライドを紙配布する場合、複数のスライドを一枚にまとめて印刷することがあると思います。

印刷の設定画面からフルページサイズのスライドをクリックしてお好みのレイアウトを選ぶことで、複数のスライドを一枚にまとめて印刷することができます。(2スライド/4スライド/6スライド/9スライド)

1枚に複数スライドを印刷するときの余白をなくす方法

1枚に複数スライドを印刷するときの余白をなくす方法

しかし、上記設定で複数スライドを一枚にまとめて印刷すると余白部分がかなり多く、肝心のスライド部分がかなり小さく表示されてしまいます。

1枚に複数スライドを印刷するときの余白をなくす方法

余白を少なくしながら複数のスライドを一枚に印刷するには、上記手順ではなくプリンターの設定から割り振り印刷を行います。

まずは印刷の設定画面でプリンターのプロパティをクリックします。

1枚に複数スライドを印刷するときの余白をなくす方法

プリンターによって設定画面が異なりますが、割り付け印刷という設定があるはずです。

1枚に複数スライドを印刷するときの余白をなくす方法

割り付け印刷の項目から、一枚の用紙に印刷するスライド枚数を選択すれば設定完了です。

ちなみにパワーポイントの印刷設定では、フルページサイズのスライドのままにしておきましょう。

1枚に複数スライドを印刷するときの余白をなくす方法

上記設定で印刷することで、複数のスライドを余白を少なく一枚に印刷することができます。

1枚に複数スライドを印刷するときの余白をなくす方法