祝!サイト解説!どうぞよろしくお願いいたします。

パワーポイントで写真・画像・図形をトリミング!星・丸など好きな形に自由にトリミングする方法を解説

パワーポイントで写真・画像・図形をトリミング
定時でカエル
パワーポイントで写真をトリミングする方法を教えてください!
オフィスうさぎ
この記事ではパワーポイントのトリミング機能について、使い方や注意点など幅広く解説していくね

パワーポイントに挿入した写真・画像は、トリミングすることで表示領域を変更することができます。

画像をシンプルにトリミングすることはもちろん

 

画像を星型など特殊な形でトリミングすることも可能です。

 

そこでこの記事ではパワーポイントで写真・画像・図形をトリミングする方法ついて、初心者の方でも分かりやすいように画像とセットで解説していきます。

この記事の概要

  • PowerPointの写真・画像・図形をトリミングする方法

では、詳しく解説していきすね!

動画でも解説しています

オフィスうさぎ
この記事の内容を動画でも解説しているよ。文字を読むのが面倒という方は、Youtube の動画をチェックしてみてね♪

パワーポイントで写真・画像をトリミングする方法

パワーポイントで写真・画像をトリミングする方法を解説していきます。

トリミングしたい画像を選択している状態で、図の形式タブにあるトリミングのボタンをクリックします。

すると画像の四隅と各辺の真ん中に、トリミングを操作するための黒色のマークが表示されます。

黒色のマーク左クリックを押しながら移動することで、移動した位置まで画像をトリミングすることができます。

上記手順でトリミングした画像がこちらです。

図形の形に合わせてトリミングする

パワーポイントの図形の形に合わせて画像をトリミングすることも可能です。

例えばこちらの画像のように、写真を星や丸の形にトリミングできるのです。

まずトリミングしたい画像を選択している状態で、図の形式タブにあるトリミングのメニューから図形に合わせてトリミングをクリックします。

用意されている図形の一覧が表示されるので、トリミングしたい形の図形を選びます。
ここでは星の図形を選択してみます。

すると選択した図形の形に写真がトリミングされました。

再度トリミングモードの状態にして図形のサイズを変更することで、図形のサイズに合わせてトリミングの領域を変更することができます。

細かく自由な形でトリミングする

パワーポイントでは写真をより細かく自由な形にトリミングすることができます。

まずは挿入タブにある図形からフリーフォームを入力します。

写真をトリミングしたい形に図形を自由に作成していきます。

続いて写真と図形を同時選択していきます。
Ctrlを押しながら左クリックすることで、2つのアイテムを同時選択することができます。

ここでは必ず写真→図形の順番で選択するようにしてください。

写真と図形が選択されている状態で、図形の書式タブにある図形の統合のボタンから重なり抽出をクリックします

以上の手順で、自由に書いた図形の形に合わせて写真をトリミングすることができました。

パワーポイントの図形をトリミングする裏ワザ

ここからは、パワーポイントの図形をトリミングする裏ワザをご紹介します。

通常であれば図形をトリミングすることはできないので、最初に図形を画像に変更していきます。

トリミングしたい図形を選択している状態で、右クリックから図として保存を選びます。

名前をつけて任意の場所に保存をします。

続いてパワーポイントの挿入タブから画像このデバイスを選びます。

先ほど図として保存した画像を選びます。

スライド内に図形を画像化したものを挿入することができました。

後は通常の画像と同じ手順で、図の形式タブにあるトリミングをクリックします。

するとこんな感じで図形をトリミングすることができました。

画像のトリミングした部分を削除する方法

トリミングした画像はトリミング部分を非表示にしているだけで、データとして削除されているわけではありません。

そのため大きな写真の一部分をトリミングして使った場合でも、データ上は大きなファイルが保存されている状態です。

そのためパワーポイントのファイル容量を小さくしたいときは、非表示として隠されている画像のトリミング部分を削除することをおすすめします。

画像のトリミングした部分を削除するには、以下の手順で行います。

トリミングした画像を選択した状態で、図の形式タブにある図の圧縮をクリックします。

すると設定画面が表示されるので、図のトリミング部分を削除するの項目にチェックをいれてOKをクリックします。

以上の手順で、トリミング部分の画像データを削除することができました。

ちなみにファイルの名前をつけて保存する時の画面にあるツールから画像の圧縮をクリックすれば、全ての画像のトリミング部分を一括で削除することができます。

パワーポイントの画像を圧縮するより具体的な手順は、こちらの「パワーポイントでファイル・画像を圧縮してサイズを小さくする方法」を参考にしてください。

関連記事

定時でカエルPowerPointのファイルサイズが大きすぎてメールで送れない・・・。PowerPointを圧縮することってできるのかなぁ?オフィスうさぎPowerPointを圧縮してファイルサイズを小[…]

パワーポイントでトリミングした画像を元に戻す方法

パワーポイントでトリミングした画像は、トリミング前の元の画像に戻すことも可能です。

トリミングした画像を選択した状態で、図の形式タブにある図のリセットから図とサイズのリセットをクリックします。

以上の手順で、トリミングした画像を元の画像に戻すことができました。

トリミング以外の設定も削除されるので注意

図のリセットによって一発でトリミング以前の画像に戻すことができますが、この方法だとトリミング以外の書式設定もリセットされるので注意が必要です。

トリミングのみリセットしたい場合は、トリミングモードにして手動で元のサイズに戻すといいでしょう。

トリミング部分を削除すると元に戻せないので注意

先ほどご紹介したトリミング部分を削除している場合は、上記手順で図のリセットを行っても元に戻すことはできません。

途中でトリミングサイズを変更したいこともあると思うので、トリミング部分の削除は資料が完成した後に一括で行うのがおすすめです。

モバイルバージョンを終了